読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マーケター視点の株式投資

マーケティングの仕事をしています。マーケター目線から見たときの投資にまつわることを書いていきます。

データの取得と分析について-マネーフォワードを利用した記録-

マーケターは、あらゆるデータを分析することによって、判断します。

今回、お金のデータ取得と分析をする方法について説明します。

  1. 【取得】マネーフォワードについて
  2. 【分析】マネーフォワードの活用方法
  3. 【補足】マネーフォワードで使えるカード・銀行について
  4. まとめ

【取得】マネーフォワードについて

マネーフォワードは一言で言うと
「カードや銀行の利用履歴をまとめて表示してくれるサービス」
です。
moneyforward.com

こういう悩みはありませんか?

  • 利用している銀行が複数あり、管理が大変
  • 利用しているカードがあり、かつそれぞれどれくらい使ったかわからない
  • 現在、現金がどれくらいあるか把握していない
  • 現金以外の保有資産の価値を把握していない

というような悩みがある場合、全てマネーフォワードで解決できます。

手順は簡単で、

  1. 提携しているカード・銀行のログイン情報を登録
  2. 画面で利用状況・残高を確認

という2ステップでデータの取得と分析ができます。

まずは、マネーフォワードを登録してみましょう。
アカウントを開設したら次はカード・銀行情報の登録です。
登録時の注意点としては、マネーフォワードが連携しているカード・銀行じゃないと登録できません。

【分析】マネーフォワードの活用方法

ここからさきは、私はこういう手順で分析しているという話ですので、
色々なやり方があるかと思います。

まずは、確認できること一覧です。

  • 銀行に預けている現在の残高
  • カードの現在の利用金額

が確認できます。

なので、

  • 毎月どれくらいづつ貯まっているか
  • 月々いくら使ったか

を分析することで、毎月の支出改善につながります。

予め固定費・変動費を設定できるので、

  • 固定費を減らすか
  • 変動費を減らすか

この2点が主な改善となっております。

大きなポイントはやはり、自動で記入されるということなので、
買い物で現金を使うことがほとんどなくなりました。

なので、これまで家計簿で挫折していた方は、
是非、マネーフォワードの自動記入システム利用をおすすめします。

【補足】マネーフォワードで連携しているカード・銀行について


楽天カード

こちらは楽天で買い物をする際、ポイントが貯まっていきます。
また、楽天のダイヤモンド会員になるには必須なカードとなっています。

楽天銀行 口座開設
こちらは楽天銀行の口座です。
マネーフォワードとももちろん連携しているので、現金管理によい口座となります。
楽天カードの利用分を引き落としすることで、ポイントも貯まっていきます。



ジャルカード

こちらはよく航空券を利用する方におすすめです。
マイルの計測も全てマネーフォワードで可能です。



小田急ポイントカード【OPクレジット】
こちらはさらにPASMOオートチャージにも対応しているカードとなっています。
連携の方法をいずれ説明するとして、交通費もマネーフォワードで全て対応出来るようになります。



リクルートカード(VISA)
ポイントの対象が、ホットペッパーじゃらん等と連携可能となります。
美容院の予約をホットペッパービューティーで行っている方は有効なカードです。
また、Pontaとも連携しているので、よく使うコンビニがローソンの方はおすすめです。



ワイジェイカード

ヤフージャパンが運営するクレジットカードです。
ヤフオクやヤフーショッピングを利用する方、Tポイントを利用する方にとってはメリットのあるカードとなります。



まとめ

なにはなくとも一旦マネーフォワードに登録し、
銀行やカードを接続してみてはいかがでしょうか?